マッサージを受けて感じること

みなさんはマッサージを受けようと思った時はどういう手段でマッサージを受けようと思いますでしょうか?
きっと多くの方はマッサージを受けるにしてもできるだけお金を掛けないようにしようと思うと思います。

ですが、それはやめた方が良いです。確かにマッサージのイメージというとお金を掛けないでもそこらへんの誰かに気楽に
頼んでやってもらえば良いように思えるからです。でも、実際はそういう事はなくてマッサージを受けようと思った時は
お金を惜しまずにプロにやってもらうのが一番です。

それはどうしてかというと、実際にプロの技術を味わってしまうと素人と全然違う事に気づくからです。
特にどこが一番凝っているのか見抜く力はプロは本当にすごいです。

ですから、こちらが何も言わなくても勝手にどこが凝ってるか見抜いてそこを重点的にマッサージしてくれるので
自然と体の調子が良くなっているのが分かります。

それに対して素人のマッサージは明らかに適当に体をほぐしているだけなのでいくら時間を掛けてマッサージをやっても体の
調子が良くなる事はないのでみなさんもマッサージをするならぜひプロにやってもらうと良いです。

それで多くの方はプロの技術に驚くと思います。

広告

かなりキツかった初めての本格的マッサージ

私がまだ若い20代だった頃ですが、親子でかなりの肩こり症で悩んでいました。
そこで、同じく方と背中の痛みで長年悩んでいた母親とともに、近所のマッサージ治療院へ
行きました。そこは今時のクイックマッサージではなく、きちんとした資格を持つマッサージ師さんが
3人ほどおりました。全て40代前後の男性です。
母と同時に並んでベットにうつ伏せになり、肩や背中の痛みを説明して施術を始めてもらいました。
最初のうちは色々と確認しながらしてもらっていました。
肩のあたりは凝り固まっていたので、おそらく結構な力を入れてしてもらっていたと思います。
そして、マッサージ師さんが、肩こりは首のコリも原因なことがあるので首も
ほぐしていきましょう、というのでお願いしました。
首のマッサージが始まってすぐに、徐々に力の入り方強くなってくるのを感じました。
首は肩ほどのコリを感じてなかったので、気持ちが良い程度を越して、痛みを感じ始めました。
なぜか途中で’痛いですので緩めてくださいますか”と言い出すことができず
初めてのマッサージということもあり、本格的なものはこんな感じなのかなと様子を見ていましたが
10分以上経ったくらいでどうしても痛くなってきたので思い切って”すみませんが、首がとてもきつく感じますので力を緩めてください’と
お願いしました。
マッサージ師さんは力加減してくれたのですが、その後もやっているうちに力加減が強くなって行きました。
その後も一度だけ力を緩めてもらうようお願いしましたが、同じでした。
おそらく私のコリ度合いはまだまだ柔かったのかな、それでキツさを感じたのかもと思いました。
もし次回受けることがあったらば、もっと遠慮なく早い段階でお願いすると思います。遠慮したらダメだと感じました。

マッサージに行くだけでも疲れるけど

身体が疲れていて仕事帰りや休日にマッサージに行くことはそれ自体がストレスになったりめんどくさかったりもするけど、
それでもマッサージに行ったあとはやっぱりすっきりするので毎回マッサージに行くか迷いながらもマッサージへ行っています。
そこでマッサージをしてもらうと身体が軽くなって血行もよくなるので終わったあとには、(行って良かったなぁ。)と毎回思います。
疲れを取るために電車やバスに乗って人ごみの多いところを歩いてたどり着くまでに少し疲れてしまうけどそれでも、
やはりマッサージに行くと身体が軽くなって帰ってからは洗濯や部屋の掃除などしても身体の調子が良い状態が続くのでマッサージはもはや不可欠な場所です。
マッサージに行くことで疲れること以上に身体の疲れが取れるので毎回迷いながらも行っているのはそこまで効果があるので、
少しやみつきになってしまっています。
マッサージをするだけでこんなにも変わるのかと思って以来、それまでは行くことが億劫だったマッサージも今では楽しみのひとつになっていて、
同じ先生にマッサージをしてもらうとどこをどれだけの力でマッサージすればいいのか驚く程知り尽くしているので一回行くとやみつきになってしまう人の気持ちが分かりました。

はじめてのマッサージ

私は仕事でストレスがたまった時に、ひどい肩こりに襲われました。それがひどくなりすぎて、首にぽこっというしこりができました。変な病気になってしまったのか!?と思い病院に行ってみると、そのしこりは、凝りということでした。だから、マッサージにいくことにしました。
 私は女なので、なんとなく男性のお店に行くことには抵抗があり、女性のマッサージ師さんがいるお店に行きました。予約をしておいたところスムーズに入ることができました。医者でもカフェでも美容院でも、どこにいくにも、緊張するタイプです。だから、最初は緊張したのですが、マッサージを受けながら、なんとなく世間話をしているあいだに、ゆったりとしていい気分になりました。それから眠くなってきて、ぼーっとしながらマッサージを受けました。
 マッサージが終わるととても身体が軽くなった気がしました。それからしばらくマッサージに通うと、首の凝りもなくなり、肩こりもなくなりました。そのおかげで仕事もがんばれるようになりました。今は、肩こりがひどくなる前に、マッサージにいくようにしています。マッサージ師さんと仲良くなったので、世間話をするのも楽しいです。
 初めてマッサージにいくときには緊張する人もいるかもしれませんが、リラックスできる場だと思います。

マッサージをしてもらいました。

地域の情報紙にマッサージ店の紹介と割引券が付いているのを発見して
ちょうど腰や肩が凝っていたので予約して行くことにしました。

 初めて行く店だったので、ちょっと分かりにくかったんですが
地図とにらめっこしながら何とか、予約の時間にたどり着きました。

 マッサージ店ではどこが凝ってるか聞かれたので
腰、肩が特に凝ってると答えると、
全身マッサージですが腰、肩を重点的にやってくれました。

 ひさしぶりにマッサージ店に行ったんですがやっぱり良いですね。
気持ちよくて寝そうになってしまいました。

 終わった頃にはマッサージをしてくれた方は
汗だくになってて何か申し訳なかったです。

 とても気持ちよかった。身体が軽くなったと
伝えると満足そうにしてくれてたので、ホッとしました。

 仕事とは言え、自分のために汗だくになってくれた人を
目の当たりにしてしまうと、どうも気をつかってしまうんですよね……。

 とはいえ、本当に凝りがほぐれて久しぶりに身体が
ずいぶん楽になりました。

 やっぱりたまには、というか定期的にマッサージを受けて
身体の筋肉をほぐす必要がありますね。

 凝りが酷くなればなるほど、治りもおそくなりますから
酷くなる前に手を打つのが一番ですよね。

町のマッサージを受けた時の体験

自分は若い頃に仕事中に腰を痛めてから、まともな治療もせずに放置していたので何度も同じところを痛めたり、しまいには立てなくなるほどになってしまいました。
20代半ばにしていろいろなマッサージ店に足を運びましたが、施術する人によって結果が全然違いました。ある男性にしてもらった時は、恐らく相手はそんなに力を入れてないのかも知れませんが、ただでさえ痛めているせいか激痛が走り、腰をマッサージするために入店したのに「痛いので腰を避けてやってもらえますか」と言わざるをえなくなったり、たったその一回で来店した時より腰がいたくなったりと、本末転倒したこともあります。ネットでよさそうなところを調べて行った時は、施術してくださったのは女性の方で、とても一生懸命で体もすごく軽くなったので、家からも近いそここ通いたいなーと思っていた矢先、その方は実はレズビアンだったらしくプライベートなことをしつこく聞いてきたり外で会いたいなど、会計後に帰ろうとするとこの後休憩なので食事に行かないかなどとにかく違う方向に押しが強かったので行けなくなってしまいました。ネットには載ってない、「無痛整体」と看板を掲げてるマンションの一室でひっそりと経営しているところがあったので、そこにフラッと行ってみたらドアは鍵がかかっており貼り紙がしてありました。完全予約制らしく電話をするように書いてありました。おばあちゃんが一人でお仕事をしていて、骨盤が歪んでいるよと教えられ、施術中も全く痛みがなくむしろ気持ちが良かったです。気が付いたら寝てしまっていたようで、起きたら毛布がかけられていました。時計を見たら3時間以上もたっていて、ひどくびっくりしました。とても優しいおばあちゃんで、腕もよく、毎年年賀葉書を送ってくれていました。でも自分が空いてる日にちや時間に都合よく予約をとるのが大変だったため疎遠になってしまいました。今まで行ったマッサージ店でそこが一番よかったかもしれません。マッサージ店は合う合わないがあるし、自分が気に入るところを探すのがとても大変だなと感じました。

最近のマッサージで危険だなと思う事

最近のマッサージ屋さんで質が落ちてきて危険だなと思う事が多くなりました。先日言った整体院では、見た目は中年位で腕のある方なのかなと思いましたが、実際にマッサージを受けると力任せな揉みほぐしで痛いだけで終わり、終わって見たらスッキリするどころか揉み返しがヒドくて肩こりが悪化してしまったようでした。整体院によく行く友人に聞いたところ最近の傾向として、脱サラなどをして始める人が多くなり、特にチェーン展開してる整体院に日にしては、常に人手不足の減少が起きているようです。また面接に来たらその日に採用を出して、簡単な研修を1週間位して、いきなり現場に出てお客さんへマッサージを施術するようです。解剖学をなどを何年かかけてやっているわけでもなく、素人がいきなり現場に立つ業界のようです。知識も技術も素人そのものという言うのがこの業界の傾向であるようです。もちろん国家資格はもっていない人が多いようです。確かにニュースなどを見ると、マッサージで、けが人が続出というのを見たことがあります。マッサージを受けたら骨折したなどの例もあるようです。正直怖いですね。実際のところ、あん摩マッサージ指圧師という名前の立派な国家認定の資格があるのですが、この資格を取る為には厚生労働省から許可された専門学校で3年間みっちりと東洋医学から、実技、解剖学、生理学などの専門的な勉強をした者だけが受けることが出来て、合格したものが得られる資格のようですね。そして無資格整体院の場合でも、マッサージという名前を出してちゃっかりとお客様を呼び込んでいるところは多いようです。本当に気をつけなくてはならないですね。